モデルコース3.19
29/63

30知識/理解/技能参考資料参考文献一覧補助教材8.5. 保安手順の実行.1 「船舶保安職員」が定期保安検査を実施する要件について説明する。.2 次のような保安対策に必要な、3段階の保安レベルの保安措置と保安手順を列挙する。• 船舶全体の保安任務の実行能力の確保• 船舶への出入りの管理• 人員の乗船とその私物の管理• 立入禁止区域を監視し、許可された人員のみ出入りすることを確保• 甲板区域及び船舶周辺区域の監視• 貨物や船用品の取り扱いについて、保安の見地から調整• 保安通信がいつでも利用できることを確保9. 緊急時の心構え、操練及び演習(1.25時間)9.1. 不測事態対応策 .1 保安が侵害された場合にとるべき行動について検討する。.2 次の場合の不測事態対応策について検討する。• 例えば爆破装置、放火、破壊行為、公共物破壊による船舶や港湾施設に対する損害又は船舶や港湾施設の破壊• 船舶若しくは船上の人員のハイジャック又は拿捕• 武装強盗による攻撃• 貨物、船舶の重要な装備やシステム、船用品の不正開梱R5B3B1, B6A1 sect.9

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です